健康で生き残る

大地に足が守られる感覚

秋など紅葉の季節では落ち葉が地面にたくさん落ちています。

とくに山では登山道に落ち葉の絨毯が敷かれているような様相です。

そしてボクは山で落ち葉の上を歩くのが大好きなのです。

湿り気があってふかふかとして感触が心地よくてたまりません。

足の裏が喜んでいます。

この感触を味わうためだけに山を歩くと言っても過言ではありません。

少し靴が汚れてしまいますが、自然のなかで汚れを気にするのは野暮というものです。

 

ところで、普段はコンクリートの上を歩いているボクたちですが、コンクリートは固すぎて足へのダメージが大きいのです。

走ればなおさら足へのダメージが蓄積されます。

意識の高いランナーなどは、コンクリートの道ではなくグラウンドを選んで走ると聞いたこともあります。

さらに、転んだときのダメージも土とコンクリートでは雲泥の差があります。

落ち葉は滑りやすく危険ですが、転んだときのダメージも軽減してくれています。

やはり、人間は自然と調和しながら生きてきたのだと思わされます。

 

たまにはコンクリートではなく山を歩いてみませんか?

美しい景色には目と心が喜びます。

大地の感触には足の裏まで喜びますよ。

RELATED POST
健康で生き残る

嫌煙者が考えていること、元喫煙者の視点から

2022年3月18日
珠音真珠も生き残る
ここ数年で喫煙者に対する世間の風当たりがとても強くなりましたね。 ボクは現在は吸っていませんが、元喫煙者でもあります。 マイルドセブン(現メビウス)のライトを好んで吸っ …
健康で生き残る

田舎で他人の目が気になり運動へ抵抗のある方へ

2021年10月31日
珠音真珠も生き残る
ボクはウォーキングを日課としています。 現在は田舎に住んでおり、無職をしているので、昼間に歩くことも多いです。 田舎だと、他人を監視する傾向があり、その視線は少し嫌なも …