お金で生き残る

そもそも【投資】とは何か?

突然ですが、そもそも【投資】とは何でしょうか?

株式投資、自己投資、設備投資など、さまざまな投資がありますね。

投資とは何ぞや?と他人にたずねても、答えは千差万別でしょう。

 

結論から、投資とは【より価値のあるものに資産を移す行為】と考えるのがもっともシンプルで分かりやすいと思います。

 

たとえば、10万円(資産)を持っていても、それは10万円の価値しかありません。

しかし、10万円で株を買うのなら、配当金、株主優待、株の売却益を得られるかもしれません。

つまり、10万円の現金(資産)を株に移し替えるのです。

これが株式投資となります。

 

ほかには、千円(資産)で参考書を買い勉強する。

知識を手に入れ、資格を取得することにより、給料が上がる、あるいは転職する。

これが自己投資になります。

 

もちろん資産とはお金だけではありません。

時間も立派な資産となります。

ダラダラとネットサーフィンをしている時間を運動にあてる、あるいは読書にあてる。

より価値のある時間を過ごすようにすることも、立派な投資です。

 

より価値のあるものに資産を移すように試行錯誤してみましょう。

その姿勢こそが投資家のあるべき姿だとボクは考えています。

RELATED POST
お金で生き残る

【用が無ければ行かない】という当たり前のこと

2021年11月20日
珠音真珠も生き残る
もしあなたが無駄遣いを防ぎたいのなら【用が無ければ行かない】ということを徹底するべきです。 用が無いのに出掛けたり、用が無いのにお店に入るのは止めるべきです。 家から一 …