お金で生き残る

いくら稼いだかではなく、どうやって稼いだか、資本主義社会を楽しく生きる方法

ボクが常々考えていることです。

 

現代は資本主義社会です。

より持っていることが正しいとされる時代です。

 

いくら持っているか?

いくら稼いだのか?

どれだけ高いポジションにいるのか?

 

人生において、それらの要素を大切にし、そこで戦う姿勢は正しいと思います。

だって資本主義ですからね。

 

ただ、ボクはもうその戦いから降りています。

そのゲームを本気で攻略する気はありません。

 

なぜなら、そこで戦うなら敗北が確定しているからです。

 

平社員より上司の方が高い報酬を得られます。

上司より経営者の方が高い報酬を得られます。

その経営者ですら、株主には勝てません。

 

このように、どれだけ持っているかで勝負するのなら、ボクも含めて99.9%の人が敗北確定しています。

ボクらがどこで何をしていたとしても、ボクらよりも持っていて、ボクらより優れた人間がいるのです。

 

どうしようもありません。

敗北確定です。

 

だから、ボクはもうそのゲームから降りたのです。

 

どれだけ持っているかではなく、どうやって手に入れたのか?

どれだけ稼いだのではなく、どうやって稼いだのか?

そこで勝負しています。

 

たとえば、ボクはカメラが趣味ですが、ボクが撮った写真は世界で唯一無二のものです。

まったく同じ写真の存在はありえません。

その写真で人を感動させられたり、お金を稼ぐことができたのなら、それはとても素晴らしいことです。

 

 

そのようなところで勝負していたいと思うのです。

いまの例で言えば、より良い性能のカメラ、より良い写真ではなく、自分だけの写真を撮ろうということです。

そこで評価を得た方が幸せだと思います。

 

いくら持っている?

いくら稼いだ?

 

そこにいる限りはずっと敗北です。

ボクはそこで勝負し続けようとは思いません。

RELATED POST
お金で生き残る

【積立貯金】見えないところで勝手にやられると抵抗しないという習性を利用しよう【積立投資】

2023年1月30日
珠音真珠も生き残る
突然ですが、あなたの給料からどれだけの税金が引かれているかご存じですか? もし、これに答えられるのなら、かなりマネーリテラシーが高い方 …
お金で生き残る

同じものを多く求めても満足感は得られない

2022年2月22日
珠音真珠も生き残る
何かを食べたり買ったりするときに得られる満足度は、その量が増えるにつれて減ります。 たとえば、一杯目のビールはとても美味しいですが、2杯目3杯目のビールは一杯目ほど美味しくな …