格闘ゲームで生き残る

【格ゲー考察Part.17】挑発や死体蹴り、バットマナーとホワイト社会について【スト6、鉄拳8】

格ゲーバットマナーについて書きます。

あくまでボク個人の意見ですので、よろしくお願いします。

 

格ゲーは昔から「挑発」「死体蹴り」などのバットマナーが原因でトラブルとなることがあります。

アーケード(ゲーセン)では、リアルファイトに発展することもありました。

SNSでも、プレイヤー同士がモメているのをたまに見かけます。

 

◆ストリートファイター恒例の煽りプレイ『屈伸』

 

◆鉄拳恒例の『死体蹴り』や『挑発』

 

◆鉄拳8最新の妨害行為、スペシャルスタイル連打

(画面が見づらくなる、とくにコンボ中にやられると鬱陶しい)

(※動画は身内と一緒に撮影したものです。実際の対戦でやっているわけではありません)

 

上の動画を見ながら、一部の人はニヤニヤし、一部の人は本気で顔をしかめているでしょう。

 

結論から言えば、

「相手を不快にさせる行為は控えるべきです」

という当たり前のところに着地するのですが…

ちょっとだけ語らせて下さい。

 

ボクは20年以上格ゲーを続けていて、バットマナーが原因のトラブルを数えきれないほど見て来ました。

リアルファイトも見ましたし、警察を呼ばれるのも見たことがあります。

「◯◯のゲーセンで△△が殴られたらしい…」、こんな話題は日常茶飯事でした。

ゲームとは言え、挑発や舐めプレイの類は、何らかのトラブルを招くリスクがあるということは覚えておくべきです。

 

正直に言うと、若い頃の自分も「死体蹴り」「挑発」をやっていました。

それが悪いものだという認識がほぼ無かったんです。

なぜなら、周りのみんなもやっているから。

相手からもやられるし、自分もやります。

「相手を不快にする行為」ではなく、「景気付け」くらいの感覚でやっていたんですね。

 

おそらく、このような感覚を持った昔ながらのプレイヤーも多いはずです。

「悪意」を持たず、挑発行為も含めて、純粋にゲームを楽しんでいるプレイヤーだっているんです。

そもそもバットマナーという感覚すら無いと思います。

なぜなら、その人はそういう環境でゲームを遊んできたから。

 

「たかが死体蹴りや挑発でそんなに騒ぐ意味が分からん」

 

きっとこんなことを言うでしょう。

ボクも同じような感覚を持っています。

(そんなに気にするほどのことか…?)と。

 

しかし、もう古いんです。

ボクも含めて、その感覚はもう現代では通用しないんですよ。

 

「今のプレイヤーはいちいち挑発とか死体蹴りとか気にし過ぎじゃね?俺の時代はそんなの当たり前だったぜ」

 

そんな格ゲーおじ(老害)たちの戯言に耳を貸す必要は一切ありません。

とくに若いプレイヤーの方々は聞き入れないで下さい。

そっ閉じです。

おじが間違っています。

死体蹴りや挑発が不快だと思う感覚は至極真っ当であり、当然です。

 

★俺が若い頃は殴られて仕事を教わったもんだぜ

☆俺が若い頃は毎日怒鳴られて物を投げ付けられたもんだぜ

 

そんなことを職場でずっと言っている残念なおっさんたちと一緒ですよ。

昔のことなんてどうでも良いんです。

 

現代は、社会全体が「ホワイト化」しています。

より清く正しく社会全体が移り変わろうとしています

以前までは見過ごされてきたことも許されなくなっています。

 

他人に迷惑を掛けたり、不快にさせる行為は、それ相応のペナルティが課せられる世の中です。

しょっちゅう炎上事件が起こっているのが、その証拠でしょう。

世間から叩かれてしまうんですよ。

 

それはゲームだって例外では無いのです。

バットマナーを行うプレイヤーは、自然と不利な立場に追いやられるようになるのです。

 

※格ゲーではないが、「エーペックス」というFPSゲームでは、大会で「死体撃ち」をしたチームのポイントを剥奪するなどの処罰を与えたこともある

 

「たかがゲームじゃん、うるせぇな、好きに遊ばせろよ」

 

「eスポーツ」として、ゲームが台頭している現代で「たかがゲーム」なんて感覚は通用しません。

ゲームのプロが存在し、ゲームをプレイすることでお金が稼げる時代です。

ゲーマーだってその時代に対応した姿勢を身に付ける必要があるのではないでしょうか。

一人プレイ用のゲームならまだしも、相手有りきのゲームではなおさらです。

 

何より、「死体蹴り」「挑発行為」を上等とする格ゲー界隈ってどうなんでしょう?

とくに新規さん初心者さんの目にはどう映るんでしょう?

そういった価値観を持った人間が幅を利かせる世界に、魅力を感じる人間は少ないでしょうね。

まるで、古いハラスメント体質が抜けきらず、若者から忌避され、衰退していく業界と一緒じゃないですか?

 

相手がいるんですよ。

あなたと対戦してくれる人がいるんです。

一緒に遊んでくれる人がいるんです。

 

人がいなくなるのはつまらないですよ。

 

当たり前ですが、ゲームの遊び方は自由ですし、価値観も人それぞれです。

遊び方を押し付けることは出来ません。

プレイスタイルは個々人の自由です。

 

ということで最後に。

「鉄拳8」には「マジックミラー」という素晴らしい機能があります。

マジックミラーを装備すると、ラウンドが終わったと同時に相手プレイヤーの動きが止まります。

つまり、試合後に、死体蹴りされたり、挑発されることが無くなります。

ぜひ活用しましょう。

ちなみにボクもマジックミラーを付けています。

 

さらに、「スト6」にも「鉄拳8」にも「ブロック機能」があります。

特定のプレイヤーを指定してブロックすると、そのプレイヤーとマッチングしなくなります。

マナーが悪いプレイヤーがいたら、遠慮なくブロックしましょう。

ボクは明らかな「切断行為」をするプレイヤーはブロックするようにしています。

 

他人のプレイスタイルを変えることは出来ませんが、自分のゲーム環境は変えられます。

なるべくストレス無く、快適な環境でゲームを楽しみましょう。

そのための素晴らしい機能をメーカーさんは搭載してくれています。

 

 

相手を不快にさせるようなプレイはほどほどに。。。

ゲームが盛り上がるのは、ボクたちプレイヤー次第でもあるのです。

お互いに、遊んでくれる相手をもっと大切にしませんか?

 

良ければこちらの記事もどうぞ↓

対戦拒否?ブロック?全然オッケー!!

RELATED POST
格闘ゲームで生き残る

格ゲーでコンボを妥協することの重要性

2022年2月16日
珠音真珠も生き残る
「コンボを妥協する」といえば少し聞こえが悪い気もしますが、格ゲーで勝つためには非常に重要なテクニックです。 相手の体力に合わせてコンボのレシピを変えるのは、格ゲーにおいて最重 …