お金で生き残る

「副業」は働くのが嫌な人の逃げ道とはまた違うのです、社会不適合者の副業のリアル

ボクはさまざまな副業に手を出して来ました。

現在も副業は続けています。

 

その上で一つ言いたいのが、

「副業は働くのが嫌な人の逃げ道とはまた違う」ということです。

 

結論から言えば、

「働くのが好きな人でなければ、副業で稼ぐのは難しい」と思います。

 

ボクは現実逃避も兼ねて副業を始めました。

会社に行くのが苦痛で仕方なかったのです。

働くのは嫌いではありませんが、会社の都合で働かされるのは本当に嫌いです。

決まった時間に出社して、別に尊敬もしていない上司の命令を聞いて…

社会人なんだから当たり前と言われればそれまでですが、ボクは社会不適合者なので仕方ありません。

 

こうなったら副業だ。

副業が上手くいって、自分自身の力で稼げるようになれば、勤め人をする必要も無くなるだろう。

そんな夢想から副業が始まったのです。

 

現実は、副業を5年ほどやっていますが、副業だけでは飯が食えないので、現在も会社に所属していますが…

 

ただ、副業を続けていて思うのが、根本的に「働くのが嫌いな人には副業は向いていない」ということです。

働くのが嫌いではないけれど、煩わしい人間関係や、不自由な生活が嫌だ、こういう人が副業に向いています。

 

多くの人が、普通に会社に勤めて働いています。

その理由は、「それが一番楽だから」です。

会社の命令に従っていれば、ちゃんと食い扶持を確保してくれる。

そっちの方が楽だし、生活も安定します。

自分の力で稼ぐ方がよっぽど難しいし、大変です。

 

「副業をやっている」

聞こえは良いですが、ボクの場合は社会不適合者すぎて、副業もしなければ社会に居所を見つけられなかったのです。

 

やるか、やらないか?

で言えば、副業はぜひともやるべきです。

その経験は絶対に無駄にはならないし、新たな自分の可能性に気付くこともあるでしょう。

収入も増えますしね。

 

しかし、現在の仕事が好きでやりがいのあるものなら、無理に副業に手を出す必要は無いと思います。

現在の仕事が大嫌いであっても、働くことそのものが好きではないのなら、やっぱり副業は難しいと思います。

そういう方は、もっと居心地の良さそうな会社に転職するのが無難でしょう。

 

ちょっとネガティブなことも書いてしまいましたが、

これが社会不適合者が副業を続けていて思うリアルです。

RELATED POST
お金で生き残る

同じものを多く求めても満足感は得られない

2022年2月22日
珠音真珠も生き残る
何かを食べたり買ったりするときに得られる満足度は、その量が増えるにつれて減ります。 たとえば、一杯目のビールはとても美味しいですが、2杯目3杯目のビールは一杯目ほど美味しくな …