健康で生き残る

社畜飯

現在は仕事を退職して無職をしているボクですが、食事をしていて、ふと思ったことがあります。

(そういえば、ご飯って噛むものだったなぁ)と。

社畜自慢のような話は好きではないのですが、ボクが退職前に勤めていた会社はとても忙しく、食事もスピーディーにとらなければなりませんでした。

まともに自炊をする暇もないので、調理の手間が掛からないものを食べることが多かったです。

コーンフレークなどのシリアル類にはよくお世話になりました。

牛乳をかけたばかりだと固くて食べづらいので、牛乳をかけてしばらく放置するんです。

放置している間にヒゲを剃ったり、仕事の準備をしたりします。

そして、柔らかくなったシリアルをほぼ噛まずに飲み込むのです。

 

ほかには、ご飯に豆腐と納豆をぶっかけて食べることも多かったです。

豆腐の冷たさによって、ご飯の熱が冷めるので一気にかきこめます。

こちらもほぼ噛みません。

 

ちゃんと食事を噛まない影響か、胃の調子があまり良くなかった気がします。

いまになって思い返せば、食事というより栄養補給ですね。

日々の忙しさから、食事を味わうという概念が自然と抜け落ちていたんです。

 

仕事に忙殺されているときには自分で気付けませんが、食事というのは、栄養補給以上の意味がちゃんとあるんですよね。

再就職までの間は少しゆっくりして、食事をちゃんと味わいます。

ご飯がとても美味しいです。

食材にしっかりと感謝して、ちゃんと噛んで味わって食べます。

 

元社畜から言わせてください。

「働かずに食う飯は美味い」です。

RELATED POST
健康で生き残る

一ヶ月ほどお酒に溺れてしまった、という反省録

2023年5月26日
珠音真珠も生き残る
ボクは付き合いでしかお酒を飲みません。 それが、毎日お酒を飲むようになってしまった時期があります。 1ヶ月ほどでしたが、人生のなかで最悪の体験だったのでシェアさせてくだ …