格闘ゲームで生き残る

【格闘ゲーム考察Part.04】「知識」による強さと、「やり込み」による強さ

格闘ゲームに限ったことではないですが、

その人の強さを支えるのは「知識」による部分と「やり込み」による部分の2種類があります。

 

コンボをたとえにすると分かりやすいでしょう。

コンボレシピを覚えるのは「知識」です。

そのコンボが実際に出来るように練習するのが「やり込み」です。

 

もし、あなたが伸び悩んでいるのなら、「知識」か「やり込み」のどちらかに偏っている可能性があります。

 

「コンボ」、「確定反撃」、「フレーム」などの知識があっても、それがプレイに反映されていないのなら「やり込み」が足りていません。

「コマンド入力」などの操作が完璧でも勝てないのなら、それは戦術などの「知識」が足りていません。

強くなるためには、必ず両方をバランス良く伸ばす必要があるのです。

 

サッカーのフォーメーション、戦術、テクニックを教科書で学び続けているだけでは上手くなりません。

実際にボールを蹴って練習しなければならないのです。

 

逆に、ボールを蹴り続けているだけでも伸び悩むでしょう。

どこかで知識を学ぶ必要があります。

 

「知識」と「やり込み」のバランスを意識すると、効率良く強くなることが出来ます。

どちらかに偏っていると、どうしても頭打ちになるのです。

 

RELATED POST
格闘ゲームで生き残る

【鉄拳8CBT】冬の時代が長かったポンコツロボは鉄拳8でどうなったのか?【ジャック8攻略】

2023年10月30日
珠音真珠も生き残る
※鉄拳8CBT(クローズドβテスト)の時点です。製品版では変更されている箇所もあると思います。間違っている部分はごめんなさい。大雑把な攻略情 …